普通免許の取得方法や流れ

自動車の普通免許は、大きく分けて3通りの取得方法があります。それぞれの取得方法及び取得の流れ、コスト等を解説していきましょう。

通学免許の流れ

まず、普通免許の取得方法として挙げられるのが、通学免許です。こちらの方法は、実際に自動車教習所へ通うことで、運転に関する知識及び技術を学びます。免許取得までの流れは、第一段階と第二段階をそれぞれクリアしていかなければなりません。第一段階は学科と併せて自動車教習所内で実技講習を受けます。全ての項目を終了した後に、仮免試験を受検することができるようになります。見事合格すれば、第二段階に進み、路上教習を中心に運転の練習が始まります。第二段階が終わり、卒業検定に合格することで本免試験を受ける権利を手にします。

通学免許は3通りの取得方法の中でも、最もコストにおいては高額です。そのため、お金にどうしても余裕のない方は、他の方法を選ぶことも念頭に置いた方がいいでしょう。ただし、じっくりと運転に必要な知識や技術を学ぶことができるのが通学免許のメリットです。費用がかかってしまう分、環境は非常に整っています。自動車の運転に自信が無い方には、特に相応しい制度と言えるでしょう。費用だけで決めてしまうのではなく、こういった環境面も考慮していきながら決めていくことが大切です。

合宿免許の流れ

合宿免許は、AT車では14日間、MT車では16日間という短い期間で集中してスケジュールが組まれています。第一段階では、学科は1日に最大3時間、実技は1日に最大2時間受講することが可能です。AT車のスケジュール上では、第一段階は6日間で終わるように設定されています。仮免試験に合格した後は、実技が1日に最大で3時間受講できるようになります。時間をかけずに免許を取得したいと考える方に適した免許取得の方法です。

合宿免許は通学免許と比べるとコストや時間を抑えられるといった特徴があります。しかし、注意点として挙げられるのが、生活や健康をしっかりと管理しなければいけなくなることです。合宿免許は寝坊や遅刻によって間に合わなかった場合、追加料金を支払わなければなりません。およそ2週間は縛られた生活を送らなければならないため、そういった条件は参加する前に押さえておくようにしましょう。また、参加期間は予定を入れられないので注意が必要です。

一発試験や免許を取得したら

上記の他にも、一発試験を受検して免許を取得するという方法もあります。一発試験をクリアするためには、仮免試験と本免試験をそれぞれ合格することが条件です。学科や実技を独学で勉強し、合格できる自信がある方は一発試験に挑戦するのも良いでしょう。コストは3通りの方法の中でも、最も安く抑えることができます。しかし、普通免許取得には、多くのことを学んでいくことが必要です。決して簡単な道ではないということは、あらかじめ理解しておかなければなりません。

免許を取得したら、普通自動車を運転することができる権利を与えられます。運転できる自動車の車両総重量は3.5トン未満です。乗車できる人数は10人以下となります。タクシーやバスは第2種免許を取得しなければ運転することはできません。自動車以外では、原動付き自転車を運転できるようになります。他にも、免許を取得するだけで、さまざまな手続きにおける証明書として利用も可能です。運転する予定はなくとも、証明書代わりとして免許を取得するという方もいます。

普通免許を取得する際には

普通免許を取得する際には、取得方法の種類とそれぞれの特徴を押さえることが必要不可欠です。免許証は日常生活においても、重要な役割を果たすので前向きに取得を検討していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です