高校生はいつから教習を受けられる?通学と合宿免許の違いは?

高校生で免許を取得したい場合は、年齢制限に注意する必要があります。そこで、高校生が教習を受けられる年齢や、通学免許と合宿免許の違いなどを解説します。

高校生はいつから教習を受けられる?

高校生が普通自動車免許を取得する場合、18歳以上から教習を受けることができます。具体的には、入校して修了検定を受ける日までに、満18歳以上になっている必要があります。そのため、通常は高校3年生にならないと免許を取ることができません。また、誕生日によって入校できる時期が異なるため、しっかりと確認する必要があります。さらに学校によっては、校則で免許取得についての規定があることも考えられるため、校則の確認も忘れずに行いましょう。

通学免許と合宿免許の違い

免許を取得する場合は、主に通学免許と合宿免許という方法があります。まず通学免許は、教習所に通って講習を受けることで免許を取る方法です。そして合宿免許は、泊まりこみで教習所に行って免許を取る方法です。どちらも取得までの流れはだいたい同じで、入校したらまずは説明を受けて、適性検査が実施されます。そして第1段階として、学科講習や技能講習が始まります。その後、第1段階のテストをするために修了検定を受けて、合格すると仮運転免許証がもらえるのです。

続いて第2段階が始まって、残りの学科講習や、一般道路や高速道路を走行する技能講習を受けます。そして第2段階のテストとして、卒業検定を受けなければいけません。さらに卒業検定に無事合格すれば、最後に免許センターで本免許学科試験を受けることになります。全ての試験に合格できれば、運転免許証が交付されて車が運転できるようになるのです。

このように、免許取得までの流れはだいたい同じですが、かかる時間や費用などが違います。まずは時間についてですが、通学免許の場合は2ヶ月程度はかかるでしょう。特に、多くの高校生が通うようになる夏休みや春休みは、予約がなかなか取れないことが考えられます。一方、合宿免許の場合は、2週間程度で取得可能です。ただし、自分の18歳の誕生日付近に長期休みがない場合、すぐに合宿に行くことは難しいでしょう。費用については、通学免許の場合は25~35万円程度かかりますが、閑散期の合宿免許の場合は10万円台後半と安く販売されていることもあります。自分の都合に合わせて予約を入れる日を決めたいという人は通学免許、一定期間に集中して免許を取りたい場合は、閑散期の合宿免許をおすすめします。

免許を取得するメリットとデメリット

高校生が免許を取るメリットは、就職に役立つことです。会社によっては免許を持っていないと入社できないところもあるため、高校生のうちに免許を取得することで、就職先の選択肢を広げられます。さらに、教習所に申し込む際に学割が適用されることが多いです。お得なチャンスなので、できれば学生のうちに免許を取得しておきましょう。ただし、時間とお金がかかるというデメリットもあります。お金に関しては両親と相談したり、自分でバイトをしたりする必要があるでしょう。また、免許取得にばかり時間をかけるのではなく、学校の勉強をおろそかにしないことも大切です。

高校生で免許を取得しておくのがおすすめ!

将来の選択肢を増やすためにも、時間のある高校生のうちに免許を取得しておくのはおすすめです。取得する場合は、短期間で卒業できて費用も安い合宿免許、自分のペースでじっくり学べる通学免許など、自分に向いている方法はどれなのかしっかり考慮して選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です