友達と合宿免許に行くメリットとデメリット

合宿免許に行くのなら、気心が知れた友達と行くことを選択する人もいるでしょう。ここでは、友達と合宿免許に参加することによるメリットとデメリットについて解説します。

友達と合宿免許に参加するメリット

合宿免許は、基本的には居住地よりも離れた地域でおこなわれることが多く、期間も決して短くはないため、心細くなる人もいます。仲が良い友達と参加することは、寂しさを紛らわせてくれること以外にも、様々なメリットをもたらしてくれる可能性があります。ここでは、友達と合宿免許に参加することのメリットについて解説します。

割引サービスを受けることができる

合宿免許によっては、友達と参加することによって割引サービスを受けることができるところもあります。シングルで参加するよりも料金が割引されるので、参加がしやすくなります。ただし、割引サービスに参加するためには、2名以上で申し込むことが条件のところもあれば、3名以上の場合もあります。申し込むときには、事前に確認をしておくことが大切です。

相談相手ができる

合宿免許では、通学免許と同じように自動車免許取得のために、仮免を取ることが必要です。仮免学科試験では悩むこともあるでしょう。そのときに、友達と参加していれば、お互いにわからないところを相談しあったり、試験問題を予想して問題を出しあったりすることもできます。友達と参加することにより、苦手な部分を克服できる可能性があるのです。

ライバルができる

シングルで参加した場合には、ついつい勉強に身が入らない場合もあります。ですが、友達と一緒に合宿免許に参加することで、身近にライバルができます。すぐ側にライバルがいることにより、勉強に身が入りやすくなります。

合宿免許に参加するデメリット

友達と参加をすれば、一人で退屈な時間を過ごさずにすみます。ですが、メリットだけではありません。そこにはデメリットもあるのです。ここでは、友達と参加することのデメリットについて解説します。

生活習慣の違い

合宿免許では、通学免許と違い、宿泊施設で暮らします。友達と相部屋になった場合、いくら仲が良い友達同士といえども、相部屋で生活するにあたって、生活習慣の違いを感じる場合があります。衣服を片付けなかったり、イビキがうるさかったりといった小さな不満が積み重なると、次第にストレスを感じてしまう場合があります。そのことが、次第に友人同士の仲にヒビを作ってしまう可能性がありますし、ケンカをして仲違いをしてしまうかもしれません。合宿免許に一緒に参加するときには、一定のルールを決めることが大切です。

レベルに差が出る

合宿免許では、友達同士といえどもレベルに差が出る可能性があります。一緒に参加したからといって、一緒に合格できるとは限らないのです。レベルによっては、どちらかだけが先に合格するという可能性もあるのです。できれば、友達と一緒に合格したいと焦るあまり、無理して勉強をしたり、落ち着いて勉強ができないという場合もあります。友達と一緒に参加しても、自分のレベルに合わせた勉強をするように心がけましょう。

合宿免許に友達と一緒に参加する前に

合宿免許に友達と一緒に参加する前には、まず参加するメリットとデメリットについて知ることが必要です。参加する前には、両方の面から検討するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です