普通自動車免許の取得方法3つ!3つの取得方法の違いを解説

あまり知られていませんが、運転免許の取得には3つの方法が用意されています。通学免許、合宿免許、一発試験の3つです。3つの違いを理解して、自分に合った取得方法を見つけましょう。

免許の取得方法1. 通学免許

通学免許は、自動車教習所に通って運転免許の取得を目指す方法です。自宅近くの教習所に通うことで、日常生活と免許取得を両立できるメリットがあります。忙しい毎日を送っている人は通学免許の方法で、自分のスケジュールに合わせた免許取得計画を立てると良いでしょう。一方のデメリットは、時間とお金がかかる点。通学免許の場合は、2ヶ月〜半年ほどの取得期間と、30万円前後の費用がかかることを念頭に置きましょう。この30万円は、後ほど説明する合宿免許・一発試験と比べて高額な費用となります。時間とお金をかけ、丁寧に指導を受けられる点が通学免許の特徴です。

免許の取得方法2. 合宿免許

合宿免許は、用意されている施設に泊まり込んで運転免許の取得を目指す方法です。合宿によって集中的に学べるため、短期間で免許を取得できるメリットがあります。合宿期間は、短い人で14日、長い人でも1ヶ月ほどです。デメリットは、免許取得のためにある程度まとまった期間を確保しなければならない点。忙しい社会人には活用しにくいサービスですが、時間にゆとりのある大学生には向いているでしょう。費用は20万円前後で、通学免許よりも安い傾向にあります。通学免許・一発試験と比べて合宿免許は、効率よく短期集中で取得したい人にオススメの方法です。

免許の取得方法3. 一発試験

一発試験は、独学で自動車運転に関する知識や運転技能を学び、運転免許センターに直接試験を受けに行く方法です。通学免許と合宿免許は、通学・泊まり込みの違いはあっても「運転免許試験合格のプロ」から指導を受けて免許取得を目指すやり方でした。しかし一発試験では、運転に関する知識・技能を全て自力で身につけなければなりません。そのため、一発試験における合格率は非常に低いのが現状です。一発試験で免許を取得する場合は、何度も落ちる前提で受験に臨む必要があるでしょう。

また通学免許・合宿免許では卒業時点で仮免許を取得しているため、運転免許センターでは本免許に関する試験だけ受けることになります。一方、初めての運転免許を一発試験で受ける場合には、運転免許センターにて仮免許から取得しなければなりません。通学免許・合宿免許と比べて一発試験は、取得までの道のりが険しい特徴があります。一発試験は、何らかの理由で運転免許を失効してしまった人に向いている取得方法です。すでに自動車運転に関する一定の知識や技能を備えていて、改めて教習所などに通う必要性が低いような場合は、一発試験による受験でも合格できるでしょう。

また一発試験のメリットは、費用の安さです。受験にかかる手数料だけ考えると、約2万5千円で運転免許を取得できることになります。とにかく費用を抑えたい人や知識・技能に自信がある人は、非常に低い合格率を覚悟の上、一発試験に挑戦してみても良いかもしれません。

自分に適した方法で運転免許を取得しよう

普通自動車の運転免許を取得するには、通学免許、合宿免許、そして一発試験の3つの方法があります。費用や取得期間などを考慮して、3つの選択肢から最も自分に向いているやり方で、運転免許の取得を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です